2006年01月28日

リバウンドの弱気陽線

デイトレスイングトレード


上昇相場で利益がのってきた時、いつ利食うべきか迷っているうちに、
株価は下降、
戻りを待っていたところ再度反騰してきてやれやれ一安心・・・
と思った瞬間、
売る暇も無く再度下げてしまい、
前の安値より下がって結局含み益を吐き出してしまった・・・
なんてこった!

という経験をしたことがありませんか?
さて、貴方の大事な利益を守るには・・・。

続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 株トレード戦術
2006年01月26日

デイトレテクニカルマニュアル

今回ご紹介するこのe-Bookはデイトレの初心者からベテランまでを対象に100万円を半年で1,000万円にするために、長期にわたるデイトレの実践の中から厳選した「色々なデイトレ成功パターン」をご紹介しております。

きっと貴方に最適のパターンも見つかるはずです。




続きを読む
posted by アベル at 01:09 | 株トレード戦術
2006年01月24日

為替は株価にこう影響する

ネット株、「為替の変動」を見て「円高」だから売り、「円安」は買い?



チョット待ってください。

それでは儲かりませんよ!

続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 株トレード戦術
2006年01月23日

企業業績 深読み術

企業業績をあらわす分類は「売上」「営業利益」「経常利益」「当期利益」「一株利益」など利益にも色々な分類があります



会計学を勉強された方ならば、この分類の定義については詳細をご存知のことと思いますが、これらの定義に深く精通されてない方のために、少しだけその内容に触れてみたいと思います。

続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 長期
2006年01月22日

企業と若さ

企業の将来性は、大きく価に影響する



言うまでもないことなんですが、ただ将来性という漠然とした言葉ではなく、確実に株価に反映される要素にはどんなものがあるのでしょうか?

今日は企業の将来性に影響を及ぼす要素について考察して見たいと思います・・・。


続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 長期
2006年01月21日

必殺! バフェット流奥義!!

式投資をするなら、ウォーレン・バフェットという名前は・・・



貴方も一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。ここでは彼の経歴についての話しではなく、貴方に参考となる彼の投資法の話しをしましょう・・・。


続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 長期
2006年01月19日

損切り・・・必須

昨今デイトレードスイングトレードが盛んになってきたのは・・・



ネット株で売買手数料が大幅に安くなり薄利でも回転売買が可能になったことに起因しています。

現物長期の取引で「身銭」を使っていなければ、例え引かされても戻ってくる可能性にかけられますが、デイトレーダーでは・・・。



続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 株トレード戦術
2006年01月18日

絶好調の時こそ・・・

デイトレやスイングトレードでは
特に気をつけなければならないのですが・・・




相場が過熱して絶好調な時は「誰もが株は儲かる」と思い込んで、信じて疑わないものですよね。

よく言われることに「主婦が買い物籠をもって証券会社に行くようになったら相場は終り」と!普段はスーパーのバーゲンのチラシを隅から隅まで調べて、1円でも安いものを買おうと一生懸命の主婦が「株は儲かる」と思うようになった時です。このことは、「絶好調の個別銘柄」にも言えるのです・・・。



続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 株トレード戦術
2006年01月16日

注目! 急落→大化け

急落後の大化けのパターン




色々ありますが、今日は相場全体が何らかの外部要因、例えば、原油の暴騰、急激な円高、ニューヨーク株の急落、地域紛争、その他の悪材料で株価が急落した時、初心者なら静観してしまう場合が多いのですが、目先のきく投資家は、それチャンスだとばかり買い出動します。

これは、非常に賢い投資法なんですね。
では、こんな時を狙って大儲けできる株はどんな株でしょうか・・・。

続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 株トレード戦術
2006年01月15日

四季報で企業の未来を読む

長期投資の視点に立てば



企業は常に未来を志向し、改革と変身を時代のニーズに合わせて遂げていかなければ途中で朽ち果ててしまいます。

企業は常に発展することが宿命なのです。
気の休まらない話ですが・・・・
(経営者より投資家のほうが恵まれていますかね)

例えば繊維会社が過去に持っていた広大な社有地を利用して不動産やマンション経営に乗り出したりするのはその一例です。

続きを読む
posted by アベル at 00:00 | 長期

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。